ディレクトリパスの設定

各種タイプウェルの全履歴フォルダ(JR全履歴、JK全履歴、EW全履歴、OR全履歴)をそれぞれ指定します。

設定は以下の4通りの方法があります。
・パスを直接入力する。
・[参照..]を押してフォルダを選択する。
・全履歴フォルダを直接ドロップする。
・ドライブ名を指定して自動的に検索する。※


※[ドライブ名を指定して検索]を使用する場合、ドライブ内に同じ全履歴フォルダが複数存在すると最初に見つかったフォルダが優先されます。 また、ドライブ内にファイルやフォルダが多数存在する場合や遅いHDD使用の場合は時間がかかったり応答なしになる可能性もあるのでお勧めしません。 チェックボックスのチェックを外すと検索対象外になります。

ディレクトリの設定が完了したらメニューから「ファイル -> 練習実績を開く」を選択してファイルの読み込みを開始します。

オプション設定


・待ち時間を入れてCPUの負荷を下げる
 ・・・1ファイル読み込むごとに待ち時間を入れてCPUへの負担を軽くします。その分読み込みは遅くなります。

・進捗状況を非表示にして処理速度を最優先する
 ・・・無駄な描写を無くして処理速度を上げます。

・総タイムランキングデータを算出する
 ・・・全てのタイムをランキングとして算出します。この処理には時間がかかる場合があります。

・総ラップランキングデータを算出する
 ・・・全てのラップをランキングとして算出します。この処理には時間がかかる場合があります。

更新履歴


<2011.07.19>
・「全練習実績」の重複した変数の使用によるバグ修正

<2011.06.05>
・「練習実績」に「練習実績一覧」を追加
・「総合成績」に「記録更新履歴」を追加
・「フォルダの参照」でButtonIDを取得できずエラーになる場合があるのを修正
・「概要」及び「グラフ」でデータが不十分だった場合エラーになるのを修正

<2011.04.24>
・戻る処理に一部バグがあったのを修正

<2011.04.23>
・全体の構成をタブウィンドウ形式に変更
・ディレクトリパスの設定方法を追加
・「概要」項目を追加
・「簡易グラフ」に「時間帯別プレイ時間」と「総合レベル」を追加
・「総合成績」にミス1%以内とノーミスを追加(現状成績のみ)
・「画面の保存」機能廃止

<2009.11.29>
・月(日)別練習実績のベストラップの算出に問題があったのを修正

<2008.06.30>
・月別練習実績の追加
 1ヶ月単位の練習量や平均タイム、月間TOP10などが閲覧できる。
 日別練習実績と同様の仕様であるため練習量が多い場合、読み込みに時間がかかる可能性がある。

<2008.06.09>
・新たにβ版の追加

<2008.05.30>
・設定ファイルの形式を変更(setup.ini⇒config.bin)
 ※既利用者は再設定が必要(setup.iniは破棄)
・「オプション」項目を別途追加
※ランキング総出力について
 打ち切りタイム、ラップタイムそれぞれ全て出力する。
 たとえば、基本常用語を1万回打ち切っていればタイムは1位~10000位まで、ラップタイムは1位~80000位まで出力されることになる。

<2008.04.18>
・グラフ表示で国語Kと英単語の打鍵数の設定が逆になっていたのを修正
・レベル別通算回数を追加

<2008.03.30>
「概要」の下部に「総打鍵数」を表示した。
総打鍵数は「正打数+誤打数+中断データの打ち切りLap打数」の合計で算出する。

<2008.03.26>
メニュー項目に「画面の保存」を追加した。

<2007.11.20>
タイプウェル練習実績DXとLiteを統合
HTML出力廃止

動作確認OS : Windows XP, Windows 7